万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

LineRendererの使い方 Unity

線を引くのに使えるLineRenderer
LineRenderではなくLineRende"rer"


各点を座標として線でつないでくれる機能だ。
sizeに数字を入れたら点が増やせる。
※sizeは太さではなくVector3の配列の大きさ。Lengthとかって名前が良かった・・・

※コピペしないときは、レンダーでなくレンダラーであることに注意

C#のコード
下準備

public GameObject obj; // ここにLineRendererをアタッチしたGameObjectをInspector上でいれてる
private LineRenderer lineRenderer;

lineRenderer = obj.GetComponent<LineRenderer>();

・実際の点の指定
SetPositionの引数は点のインデックス、Vector3での座標だ

lineRenderer.SetPosition(0, Vector3.right * -2);
lineRenderer.SetPosition(1, Vector3.right * 3);

インデックスは0開始!
注意としては、インスペクタで設定したsizeより小さいところに設定は不可能!

注意)動的に数を増やしたい時は、下のようにする。Set"VertexCount”です。

lineRenderer.SetVertexCount(2);



注意)↓こんな書き方は出来ない!!
※Inspectorでは”size”なのに、なぜか"VertexCount"・・?

lineRenderer.SetSize(2);
lineRenderer.size = 2;