万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

LionバックアップCD

http://journal.mycom.co.jp/column/osxhack/006/
分かりにくいので補足
2. コンテキストメニュー → 「Install Mac OS X Lion.app」を右クリックしたメニュー

スクリーンショットにある「アプリケーションバンドル内部にディスクイメージファイルがある」

ディスクイメージファイルは「Contents→SharedSupport」の中


神様の存在を信じたときと信じない時の期待値の計算

キリスト教ネタがあるとは知らなかったが、
「異端の数ゼロ」(早川書房)を昔借りたので、脳に残っているうちにメモ。

◯聖書での解釈
・神様を信じない人
死後に永遠の罰が地獄で待っている(ルカ16:22−23)
→ -∞ (もし神様が存在していれば無限の苦しみ)

・神様を信じる人
信じた人は死後には体から離れて主と共にあります。(2コリ:6−8節、フィリピ1:23節)
→ ∞ (もし神様が存在していれば無限の恵み)

◯期待値の計算(神様が存在する確率を1/2で考える)
・信じない人

-∞ × 1/2 + 0 × 1/2 
= -∞/2 + 0
= -∞(無限の苦しみ)
※0をかけてるのは存在しない時に恵みもないし苦しみもないし0だから。

・信じる人

∞ × 1/2 + 0 × 1/2 
= ∞/2 + 0
= ∞(無限の恵み)

よって、無限の恵みのある信じた人のほうが得するってこと。
神様が存在しない確率が高くても同様みたい。

-∞ × 1/100000000 + 0 × 99999999/100000000
= -∞(無限の苦しみ)

・信じる人

∞ × 1/100000000 + 0 × 99999999/100000000
= ∞(無限の恵み)

Pythonは∞って使えるんだね。
Pythonネタをあまり書いてないので神様の存在を1/2として再現

# 無限大
oo = float("infinity")
# マイナス無限大
noo = float("-infinit")

とりあえずこれで変数初期化

# 信じる人
believer = oo*1/2 + 0*1/2
print believer #=> inf

# 信じない人
nbeliever = noo*1/2 + 0*1/2
print nbeliever #=> -inf