読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

Raspberry Pi 3 でのWifiとssh

qiita.com

qiita.com

これらを見た。

ハマったのは

無線LANパスワード設定

GUIで設定しようとしたけどWifiが日本語名なのかパスワードをOKしてくれない・・。

/etc/network/interfaces

自体に/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confの設定ファイルを参照しているらしい。 一応このファイルにパスワードもかけるっぽいが。

allow-hotplug wlan1
iface wlan1 inet manual
    wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

のようになっているのが良い。

その/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confファイルだが

sudo sh -c "wpa_passphrase WIFI名 パスワード >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

のようなコマンドで行う。

WIFI名」「パスワード」は適宜読み替える。

僕は間違えて

sudo sh -c "wpa_passphrase WIFI名 パスワード" >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

のようにやったので権限ないぞ!とハマった・・。 Wifiが日本語の場合は、まずテキトーなWifi名を入れておく、あとで編集する

編集終わったらこれした。

sudo ifdown wlan0 # wifiを閉じる
sudo ifup wlan0 # wifiを開く
sudo reboot # OS再起動

Wifiが日本語のときは。 sudo iwlist wlan0 scanでまずWifi名一覧を見ておいて

\x46\x6F\x6F\x20\xC2\xA9\x20\x62\x61\x72\x20\xF0\x9D\x8C\x86\x20\x62\x61\x7A\x20\xE2\x98\x83\x20\x71\x75

的な名前をコピーし、 https://mothereff.in/utf-8のサイトなどで日本語表示にさせる。

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confを再度開いて、 Wifi名にセットする。

・英語だが詳しい https://www.raspberrypi.org/documentation/configuration/wireless/wireless-cli.md

GUI設定詳しい https://dbpro.xyz/1261

おそらくラズパイ3の場合

Menu -> 設定 -> Raspberry Pi の設定 -> ローカライゼーションからjp japanを選択

コレ必要らしい。

Wifi設定

/etc/dhcpcd.confの設定だが、

interface eth0 # LANの場合wlan0
static ip_address=192.168.0.2/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1 # ルーター

interface eth0というのは無線LANではなくて有線LANね。

eth0ではなくてwlan0 static routersstatic domain_name_serversは両方ルーターIPアドレスにした。 違いは調べてない・・。

SSHの許可?設定

sudo raspi-config

私の環境では「9 Advance Options」が出てこない。 別の数字で「Advance Options」があるのだが、「SSH」がなかった

仕方ないので左上のメニューから「Raspberry Pi Configuration」

https://www.raspberrypi.org/wp-content/uploads/2015/09/rcgui.png

Interfacesの中のSSHをenabledにした。