万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

KituraをBluemixにあげる

Bluemixを登録して適当に作成。

そのあと、

https://github.com/IBM-Swift/Kitura-Starter-Bluemix

ここでボタンを押下したらできた。

f:id:shinriyo:20161015151045p:plain

さらに待つと、 f:id:shinriyo:20161015153009p:plain

右下の「EDIT CODE」から編集ができる。 f:id:shinriyo:20161015153034p:plain

左下の「VIEW YOUR APP」で現在のKituraのアプリが見える。 f:id:shinriyo:20161015152903p:plain

/helloをつけて

http://hogehoge/hello

/jsonをつけて

http://hogehoge/json

しかしローカルで編集したい。

コマンドラインのツール。

Bluemix CLI Home

gitリポジトリは?

ここから辿れる IDS(IBM DevOps Servicesの略)の機能の一つ? https://hub.jazz.net/

↓これ f:id:shinriyo:20161015154422p:plain

そっからリポジトリのurlをコピーし

git clone https://hub.jazz.net/git/ユーザ名/アプリ名

でいけた。 ユーザ名は、メールアドレス、パスワードはbluemixのと同じだった。

Bluemixで使えるcfコマンドのインストーラMacもある)

https://github.com/cloudfoundry/cli/releases

環境設定の設定コマンド(コマンド)

Cloud Foundry Environment Variables | Pivotal Web Services Docs

cfコマンドの最初のログインが詳しい

www.creationline.com

cf aコマンドでアプリ一覧 僕はshinriyoincスペースにlinebotアプリ

cf a
Getting apps in org shinriyoinc / space linebot as shinriyo@gmail.com...
OK

name                                  requested state   instances   memory   disk   urls
Kitura-Starter-Bluemix-shinriyo-156   started           1/1         256M     1G     Kitura-Starter-Bluemix-shinriyo-156.mybluemix.net

環境変数cf env アプリ名で確認 てっきり、linebotと思ってcf env linebotとしたがそれではなく、その下に出てたnameにあったKitura-Starter-Bluemix-shinriyo-156であった。

cf env Kitura-Starter-Bluemix-shinriyo-156
Getting env variables for app Kitura-Starter-Bluemix-shinriyo-156 in org shinriyoinc / space linebot as 

## DNSの設定

[http://dotnsf.blog.jp/archives/1018861460.html:embed:cite]

## 環境変数をKituraでというかSwiftでは

import Foundation

let env = NSProcessInfo.processInfo().environment
if let channel_id_value = env["LINE_CHANNEL_ID"] as? String {
        print(channel_id_value) //=> 1234
        response.headers["X-Line-ChannelID"] = channel_id_value
    } else {
        // Environment variable not set (or not a string)
        print("No LINE_CHANNEL_ID")
}
`NSProcessInfo`のNSは消えた。

・・・が、どうやる?

[https://thatthinginswift.com/automatic-migration-to-swift-3-with-xcode/:title]

ここにあった。
let env = ProcessInfo.processInfo.environment
になるのね