読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

beego adminの使い方

Djangoでお馴染みのadminが、beegoにもある。 admin/README.en.md at master · beego/admin · GitHub

基本的に中国語だが、ここにドキュメントがある。(僕が翻訳したので)

bee new hello

でhelloプロジェクトを作る。

そして、 hello/routers/router.goのファイル内に

import (
    "hello/controllers"
    "github.com/astaxie/beego"
    "github.com/beego/admin"
)

と、

func init() {
    admin.Run()
    beego.Router("/", &controllers.MainController{})
}

を記載する。 init()にはadmin.Run()を追記する感じ。

後は、今回は面倒なのでsqlite3を使うことにする。

db_path = ./
db_name = admin
db_type = sqlite3

sessionon = true
rbac_role_table = role
rbac_node_table = node
rbac_group_table = group
rbac_user_table = user
#admin username. This user login without authentication
rbac_admin_user = admin

#Default no authentication module
not_auth_package = public,static
#Default authentication type 0 1 no authentication login authentication 2 real certification
user_auth_type = 1
#Default login gateway
rbac_auth_gateway = /public/login
#Default Template
template_type=easyui

conf/app.confの中に追記。

あとは必要になりそうなのをこれでコピーする。

cd $GOPATH/src/hello
cp -R ../github.com/beego/admin/static ./
cp -R ../github.com/beego/admin/views ./

そのままhelloフォルダ内で、

go build

でビルドし、

./hello -syncdb

で同期する。

bee run

で起動する。

その後、URLはhttp://localhost:8080/ではなく、 http://localhost:8080/public/loginでアクセス。

f:id:shinriyo:20150520022829p:plain といった中国語のフォームが出るので、 ID: admin pass: admin で入り、 「登録」みたいな中国語のボタンを押下する。(これは登録ではなくて、ログインだと思う・・)

そうすれば、中国語だがDBの中身が見える。

f:id:shinriyo:20150520023031p:plain

基礎からわかる Go言語

基礎からわかる Go言語

プログラミング言語Goフレーズブック

プログラミング言語Goフレーズブック

  • 作者: David Chisnall,デイビッド・チズナール,柴田芳樹
  • 出版社/メーカー: ピアソン桐原
  • 発売日: 2012/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る

Go言語プログラミング入門on Google App Engine

Go言語プログラミング入門on Google App Engine

はじめての「Go言語」 (I・O BOOKS)

はじめての「Go言語」 (I・O BOOKS)