万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

Django勉強会のメモの貼付け

以前参加したDjango勉強会のメモの貼付け ◯Django勉強会 1.3系より1.5の方がファイル構成が綺麗になった。

ドメインロジックを書く。

プロジェクト名と サブバッケージが同じになっている

django_lerning <= 同じ |- django_lerning <= 同じ

urlmatch URLを記載する

・クラスベースドビュー create view バリデーションを通して、通ったら保存

class Post(CreateView):
    pass

一番親View

UpdateView DeleteView リストビュー  もある。

・Pillow PILをフォークしたライブラリ 画像処理 なるべくPillowを。 PIL

>>> import PIL

エラーメッセージがなければ入っている。

Pillowもimport PILでインポートし、 helpコマンドで確認が可能

import PIL
help(PIL) 
DATA                                                                                                                                                
    PILLOW_VERSION = '2.1.0'                                                                                                                        
    VERSION = '1.1.7'    

multipartを使わなくてもいい ファイル転送のバリデーションもしなくていい 保存方法もしなくていい ファイルのバリデーションもしなくていい → PILがやってくれる

strage.FileSystemStrage()

ファイルを保存する場所 S3ストレージ

class PostForm(ModelForm):
    class Meta:
        model = Post
        fiels = ('subject', 'body', 'icon')

model = PostでPostクラスのモデルを紐付け fiels = ('subject', 'body', 'icon') の部分は各変数と文字列をひも紐付ける

MEDIA_ROOT MEDIA_URL

MEDIA_ROOT/{{user_id}}/iconcover

ディレクトリもなかったら勝手に追加してくれる

python manage.py runserver 0.0.0.0:3000 

3000で開く

url.pyにsettingsのインポートするとき

from django.conf import settings

1.3 から1.4に。

dbを変更したときはsouthを使うのがデファクトスタンダードになっている。 しかしsqliteを直接いじるのが楽。

参考URL: http://ivis-mynikki.blogspot.jp/2012/03/django-south.html

python manage.py convert_to_south

southのマイグレーションのバージョンはDBにある。

southtut/migrations/ にあった。

python manage.py startapp polls