万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

  • ・寄付お願いします
    YENTEN:YYzNPzdsZWqr5THWAdMrKDj7GT8ietDc2W
    BitZenny:ZfpUbVya8MWQkjjGJMjA7P9pPkqaLnwPWH
    c0ban:8KG95GXdEquNpPW8xJAJf7nn5kbimQ5wj1

Asset読み込みと同時に設定する

gistにあがってた。
https://gist.github.com/2425709

基本的にAssetPostprocessorクラスを継承してコードを記載して、「Editor」ディレクトリに入れて使うようだ。

Androidはこうした

void PreprocessAndroidPlatformImages()
{
    TextureImporter importer = (TextureImporter)assetImporter;
    importer.textureType = TextureImporterType.Advanced;
    importer.maxTextureSize = 4096;
    importer.npotScale = TextureImporterNPOTScale.None;
    importer.mipmapEnabled = false;
    importer.isReadable = true;
    importer.filterMode = FilterMode.Point;
    importer.textureFormat = TextureImporterFormat.ARGB32;
    importer.SetPlatformTextureSettings("Android", 512, TextureImporterFormat.ARGB16);
}

→ SetPlatformTextureSettingsメソッドは第4引数にintで設定ができるが、何を入れるかわからなかった。