万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

Unity User Meetup 2011

http://kokucheese.com/event/index/22769/

セールス1396%

◯大前さん
・白ロムで購入したテスト機
Galaxy Tab SC-01C
Xpreria SO-01B
Galapagos02B
INPOSAR A01
IS03
REGZA Phone ISO04
GALAPAGOS 003SH

◯Unity 3.5

・NavMesh
ナビゲーションメッシュ
青いのと赤いポイントへ
NavMeshAgentにdestination
→移動範囲やスピードを お手軽システム

Window→Navigation
CubeをStaticにする→Bake。staticの種類(ナビゲーション〜、ライトマップ〜)
二次元でつながってるので出来なかったのができるように
Obstacle Avoidance

・LOD
カメラが遠くなったらよりシンプルなのに入れ替える
LOD0,LOD1,LOD2をProjectへつくると勝手に設定を作ってくれる
パーセンテージで描画を辞めたりできる
FBXを自分で作ることもできる
LOD1なら板ポリにするなどの設定もOK

・マルチオブジェクト編集
アセットストアでも有ったが、できるようになった。
メッシュレンダラー等を表示するだけ、共通したやつだけでで、できるだけやる。

・Prefabの扱いの改善
オーディオソースなど、プレハブのリンクを維持して、値をいじれる。
ツリー構造も拾ってくる
コンポーネントを追加しても壊れなくなった

・テキストベースPrefab
EditorSetting→ForceText(シリアライジングが変わる)・「プレハブをテキストで保存する」機能。
YAML1.1
→ルールがわかれば自分で生成も

・ShurikenWebCam & マイク
新しいパーティクルエディター
CampfireParticleSystem
子どもにひとつづつパーティクルを
preferencetime自前でコントロールを
コンポーネントがたくさんある
ランダム値の範囲上下の設定できるようになった
パーティクルが死んだ時に次のパーティクルを発生させるなど
ライフタイムによって色を変えるなど
メッシュのコライダーの設定なども
コンポーネントをソートや追加も

・WebCamera
Webカメラの機能が追加された。
WebCamTextureを作って、カメラの名前を適用する。
テキスチャにWebCamの画像が貼れる。

・マイク
マイクが遣えるようになった。
StartRecordで録音して、10秒とかで終わり。
AudioClipが返ってくる。
ボリュームの大きさがとれない。

GPUプロファイラ
影、描画など。
MainCameraの時に〜〜%など。
どのオブジェクトがどのくらいパフォーマンスを食ってるかを取ることが出来る。
プロファイラが進化している。

・オーディオ生成へのローレベルスクリプトアクセス
オーディオのリスナーで、スペクトラムデータ。

・オクルージョンカリングの高足下(x50)
元々バグがある(カリングされすぎてオブジェクトがあるのに描画しない。)
→だいぶ経ってポッピングする。
バグが無くなった。

・ガンマコレクション
ガンマコレクションの修正ができるよになった。
モニタのガンマ値に合わせて表現できるようになった。

・マルチスレッドレンダリング&メモリ管理の改善
1.3〜2.xパフォーマンス


リリースは2011.12...?
→できないかもな話になってるっぽい。

オクルージョンカリング
視界の悪いものには効果的に機能する。

見えるものしか書かない。
オクルージョンカリングのポータル
→オープンすると実際に描画されるようになる


◯ちょとしたUnityの使い方 三ヶ月
今切隆 隆(いまぎれたかし) 放課後Unity倶楽部

GREEは包括業務提携してるけど自分はどうなの?
ポリゴン分割したフキダシ
黄緑の線なんだ?→Box Collider
Ray Castingで手軽に触った判定できる!
MeshRenderer.bounds
プロポーショナルフォントでも!

プロトタイプ作成だけでなくリリースできるのも作れる

Unity3.5で2.8.2になった

◯UnityとArduino(アールデュイーノ)
高橋啓治朗

Arduinoとは
フィジカルコンピューティング環境
メディアアート系の人がよく使う
フィジカルな部分もコンピューティングしなければいけない

イタリア製でイタリアの文字も
RAM領域2KB
Digital I/Oが14個
Serial TX/RX
開発環境も使いやすい。
→Processingみたい
→実はProcessingをパクってできてる。

LEDを点滅させる
setup()
loop()はUpdate
Unityとの連携(外部デバイスとして)
Wiiのヌンチャクコントローラ
→加速度、傾きセンサー
I2Cという共通シリアル規格

nunchac_funcs.h

catコマンドで出力を見られる。

一番左の255スティックの入出力
傾きは真ん中の3つの値

ライブラリStreamReader

http://github.com/keijiro/unity-nunchac
→ただし機器は自作

アルコールセンサー(639円)
酔拳アプリは?

ファミコンコントローラ、パワーグローブ

◯パネルセッション
デンマーク ジョーロビンズ
コミュニティーエバンジェリスト
→世界中のユーザコミュニティを見てまわる
→大きくするにはどうするかなど。

デモしたり、布教活動
始めて来日
新宿のイカセンター

・今日のユーザ動向
Unityを仕事で使ってるのが多い
使ったことないのは6,7人
Androidはユーザ数少ないiOSが多い
Pro版使ってる人は多い
Asset Serverみんな使ってない
→何人ぐらいのチームで使ってる?10人弱
 プログラマー1人、プランナー1人。プランナー1人
ブランチ機能がない
コミットしたらコミットメールできない?
クライアント機能はないが、サーバはオープンソース
→実装したら?ない?
1年以上10人

・UnityでMODできる?
→Unityで作った、インゲームエディタで作ったのはある。

・ブラジルのサービス
→3DのゼルダがWebブラウザで後悔してる

ローカライズ
日本語フォント
→モバイルのダイナミックフォントはシャドウガンで作った。どこかで入る
→ダイナミックフォントはライセンス料 ベクターで組み込んで配信
→FontWorks社

→OSに組み込まれた奴はライセンス的にもやばい
→ビットマップフォントでもっといけるシステムを
→ルビをふる、色変えたい
→バグレポートに出すといい

・マルチ言語対応
→テクスチャのデバイス
→アセットストアにいいのがある「Localization Pacakge」
GoogleDocから直接入れる
Googleグループでメールで更新されました
Excelで頑張ってたらこちらに移行したら

Flashはふれないで
・オススメのアセット

・2DToolKit
・EzGUI、スキン周りはex2d(9グリッドパネル0
・アセット活用セミナー
・Playmaker UScript
 プログラム書かないで、チャートで、チュートリアル作ったり
 →AssetBundleはスクリプトを通常含められないが、これは含められる

・Lazy Tools
 ベクターオブジェクトを生成
 テクスチャ、当たり判定を動的に生成
 SVGファイルインポータがついた→まだ使い物にならない
 Dynamic elements

・NaturePack

・Editor++
 マルチオブジェクト編集

・AutoPilot
 iPhoneとかのデバイスをUnity対応で、一括で管理

・Component
 ImportSettingの保存

・Rememberer
 プレイボタンのときに保存。再生中のオブジェクトを覚えられる。

・StranpyShaderEditor
 シェーダをグラフで創る。無料。ファイルで保存する。

・mixiamo
 アニメーションに統合されている
 自キャラに対してモーションを、サーバ側でリテーアリング

・パネル&質問タイム



ES5マニュアル

http://www.electrotank.com/docs/es5/manual/index.html?running_electroserver.htm

Flexで動かせる
ES Admin Tool
→Windwosとかならこれがいいかも?

9899はゲートウェイのポート
→ES Adminかコマンドラインでいじれる

ElectroServer5.3.1/server/config/Configuration.xmlで定義しているのはES Adminのポート。

Linuxならdaemontools
http://www.electrotank.com/docs/es5/manual/index.html?running_as_a_linux_daemon.htm