万年素人からHackerへの道

万年素人がHackerになれるまで殴り書きするぜ。

ロクナナワークショップイベント「第一回 勝手なオススメ開発の流れ

 2009/10/17 19:10
 デザイナ経験
 1年経験
 iphone

 第一段階

○何から始まるか
・市場を勉強すること
・お客さんから言われていること、iPhone SDKでの要素技術
Objective-Cを。
・いきなりObjedctive-Cをやるのも良い。
・Cのオブジェクト化したようなもの。
・Cの基礎から学ぶ必要がある?
・言語の壁があるが→ただのプログラムではできない。

○good idea
 カレンダー
 
○あなたのアプリは
・ユニークな問題を解決しますか
・特定のニッチに役立ちますか
・人々を笑わせますか
 →50%以上がゲーム
  日本の1位 風邪をふくと女性のスカートがめくれるゲーム
  アプリをダウンロードするとボタン1個で「押すな(英語)」と書いている
  個人的な開発者がいい要因になる→要求が必要なので設計書が必要
・対話的な物がありますか
 対話ができるかどうかの仕掛け。
  
○Tools Skills Checklist
iPodiPhoneは必要
 シミュレートでは動くが実際動かないこともある。
 メモリの問題もあるかどうか?
 確認しながらテストできるか?
 Upload後に返されると、リジェクトされることもある

・Tools
 Apple iPhone Developer Program(S99)
 iPhone iPod
 Intel-based Mac Computer & Mac OS X 10.5.5
 iPhone SDK
 →バージョンがすぐにあがる、バージョン管理には気をつけること
 ノート
 →普通のノート
 情報非公開同意書

・Skill
 開発アプリケーション
 マーケティング調査
 →個人的にやってる人は知らない
 →iTunesはすぐに更新されている
 アプリの仕様設計
 →使ってから分かる、マルチタッチ、テーブルのスクロールetc
 スケッチ
 →自分が思っていることを書く能力
 GUIデザイン
 →iPhoneで構成されている物
 プログラミング
 マーケティング&プロモーション
 →みんなが知ってくれるような仕掛けを用意すること。

 ※ガイドラインを守らなければならない。Objective-Cより大切な物。
 立場をうまく変えていくこと
 大きなチームでやるのではなく、細かく役割分担してやる。

・Market Research
 どんなアプリを作る?
 市場分析
 同族のタスクのアプリがある?
 →自分のと何が差があるか
 成功的なアプリはどのようにユーザに情報を提供する?
 →グラフィックなどしか見えない
 →名前も重要、成功しているアプリは名前をきちんとしている
 どんなアプリを参考して、それをユニークにするか?
 →どのくらいでリリースしたかの判断できるコメントなど
 →VersionがついているのでReleaseの日を
 →お小遣い帳 まにろぐ

・最近のmixiは構成がfacebookっぽくなっている

○Who will use you app
女性向け→デザイン、機能の順番
機会が好きな男性向け→複雑な物、機能がたくさんある物

○Touch UI
iPhoneだからこそ知って欲しい
 Androidとタッチの感じが違う。

よく設計されたアプリは
・スクリーンからスクリーンまでどのようにナビゲートしますか
 ダウンロードしてみる
 →何を見るか?画面と画面の変化。どうやって動くか?
  ページングを見つけて欲しい
 どのように情報を組織化しますか
 →情報を載せるときにグルーピングしている。
 どのようにユーザ情報を提示しますか
 →タイトル、簡略な内容乗せて
 iPhoneのユニークな特性を利用しますか
 →東西南北の機能か?世界カメラ
 →どうやって利用して見せるか?

○Sketch
 なぜ重要か?
 画面が出た瞬間に困る
 指でタッチするので、指の大きさのスペースが必要
 どんな情報がそれぞれ提示する必要性がありますか
 ポイントCにBを向けるためにポイントAからユーザをどうしたら連れて行くことができますか
 →自分が押したボタンをはっきりさせる
 プログラマとデザイナが

○programming&design
 実現する物ではなく、Time
 少ない方がいい

オープンソース
 Submit
 your application to Apple Store
 Certificate作成
 App ID's作成
 Distribution Provisioning Profile作成
 Compileアプリ

 名前がコンパイルするときに必要
 3週間かかった。

○Promote
 一番困ること
 一番使われているソーシャルメディアを組み込む
 →mixiTwitter
 リリース前のプロモーション
 複数のリリースの計画を立てる
 →アメリカではマーケティングに使うお金が20万円
  プロモーションコードもある。1リリースで50個
 →無料のアプリの場合は広告を埋める物を載せてから。
 →Googleではアプリに広告を載せることができるようになった

○How to
 デザイナーの間で何をやるかを決める。
 時間を短縮できる物を探して開発する。
 iDea
 Market Research
 Sketch
 Programming Design
 Submit
 Promotion

 プログラマはデザイナが必要
 →日本人に売れるデザイン

デザイン&プログラミングは無理

○質問

Q.どんなの作ったか
A.計算機、時計など〜

メモリの限界
携帯電話の経験があれば、メモリが足りないことに気がつく。
デバイス的には足りないことが多い。
Androidの加速度センサがあるが敏感。
使うことは優しいが、センサの値を出すのが難しい。
iPhoneは163dpi、モニタは72dpiで作業

必ず機器に載せて確認する方がよい。

指より小さいのはだめ、少し大きめがよい。
最適なサイズは44倍
対象は誰か?
 女性向け、男性向け、年配向け
 機能より誰が使うかを

一週間でできた物もある
プロモーションをAppleもチェックしている。
100%な物ではない。
運が必要。
企業間でのメールのやりとり。
背景を作った方がよい。黒になってしまう。
機器で確認。
5人で1つのアプリを

■癒しの香り
企画から、2,3ヶ月

においを伝達させる仕組みは、docomoで出ている。
ARの世界、ライセンスが高い。IPAの未踏プロジェクト。

iPhone開発
Javaを勉強して→1年半の経験
Web関係の開発
6ヶ月のiPhone開発経験

○あなたはどうですか?
 IB(Interface Builder)は使わないXcodeだけで十分だ
 どうせCでも作れるから特に使う必要はない
 本を完読するまで開発はしない
 開発って実際的にやりながら習うのだ


プログラマはプログラミングだけをやりたがる
一言のアイデアが欲しい

IB(Interface Builder)、Xcode
 同じ作業だが、違いがある

自分のスタイルでやればいい。

IBはなくてもできる。ナビゲーションバー。が、必要。
Cはなぜ必要か考えたらよい。
本を読みながら開発することはよいが、完読して開発しようとする人は問題。
時間に影響を与える。
IB
 早く作れる。オプションや値がある。
自分がコーディングしないと気まずい。
Xcodeのことを正しく分かった後でなら、正しく認められるが、使ったことがないなら使わないはよくない。
アプリケーションはスピードが重要。
→どんなにアプリを作っても良くない。(ビジネスとして。やりにくい。)
本を読むのは大切。
用意されたものを理解した上で使うのがよい。

■勝手な開発の流れ
・本番に入る前に最大限企画者との意見交換が重要
・全体流れの中で開発の時間が一番短い
・全般的な画面の流れから作る
・なるべく早く作る(一つのプロトタイプとして使う、機能的の問題を早くチェック、作る前に再利用しやすく作ることが大事)
単体テストしながら作る
・IBを最大利用して時間を稼ぐ

■計算機
IBはマウスだけで開発できる。
UIButton
できるが、仕掛けを変えないとだめ。
企画者が技術について分かって欲しい。
ユーザビリティの手法 ペーパープロトタイピング→必要
人数が多いところはペーパーだけでなく、Flashでプロトタイミングをしてからやる。
知らない問題点が出ている。

■開発時の注意点
・メモリ、メモリ、メモリ、どんなに注意しても足りない
・DeviceとSimulatorは結構違う
・バージョンが変わると変わったところをチェック
・UIガイドラインを守る
・リリースできらら次の修正まで時間が少なくても2週間以上かかるので十分なテストが必要(できれば5台以上のDeviceでテスト)
・リジェクトされる場合の対処も考えておく(時間厳守が一番難しいところ)

AppleStoreで大きな広告→Appleから連絡が来る。

■これから
・どんな本で勉強することができるか?
・基本的なことか
・集まった人のレベルも違う、やりたいことも違う
・1人がアプリを作ろう


DB→SQL Liteを使っている。
テーブルの設計が重要
後で変えるのは難しい。

プレゼンもやってほしい。
ボランティアの場所なのでお金を稼ぐ活動はできない。

開発者の視点
ニックネーム:TiTi